新年度を迎えて (役員理事人事概要等)

会員の皆様へ

会長 加部です。

春は出会いと別れの季節ですが、当会も新年度を迎え役員理事を刷新しました。

これまで同窓会の事業推進に尽力し、昨年度に退任となった役員理事各位には感謝申し上げます。

あわせて、今年度よりご就任となった役員理事には大いに期待しております。

新しくお向かえした方々は、しかるべきルートより招聘された優秀な方々です。力を存分に発揮していただきたいと思います。

そして、キモはなんと言っても副会長2名です。両副会長ともこれからの同窓会を引っ張るニューリーダにふさわしい人物です。

私自身、この大役を拝命して様々な課題に取り組んで参りましたが、お二人がいなければなしえなかったことでしょう。

これからの同窓会は、これまで申し上げていたとおり、卒業生の親睦の場を設けることを大きな目標として進んで参ります。

2度目の緊急事態宣言や、解除後にあっても営業時間短縮要請等でコロナ対策がなされ、一時は感染者数が減少しました。

しかし、いま大阪では過去最多レベルでの感染者数が連日報道され、非常に危機感を覚える毎日です。

その一方で、ワクチン接種の準備も進んでいるようで、高齢者の方々は摂取が始まっているとのことです。

一刻も早く、国民全員がワクチンを接種し、これまでの日常を取り戻したいものです。

そんな日が来ることを願いながら、卒業生の親睦の場を設ける準備を確実に進め、コロナ禍が一刻も早く収束し、皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

私の任期の最終年度です。しっかり有終の美を飾れるよう、より一層職責を全うして参ります!

Scroll to Top